浄水器は必要?

水道水の現状
私たちが普段使っている「水道水」。もちろんしっかりと浄水場で処理・管理された水道です。しかし水道水といっても、もともとは自然界に存在する水、つまり河川や湖沼、地下水などの原水です。原水がきれいで安心できる水なら問題ないのですが、現実は河川や湖沼に工場排水や生活廃水、農薬などが流れ込んだり、酸性雨などの影響で水道原水が汚染されています。そのため浄水場では私たちが食中毒や伝染病にならないよう、殺菌力が強くてコストが安い塩素で消毒しているのです。
ところがこれで原水がきれいで安心出来る水道水になるかというとそうでもないのです。確かに塩素はアンモニアやプランクトン、細菌類などには効果的ですが、有機物と反応しやすいため、新たな物質を発生させます。発がん性物質のトリハロメタンやTOX(全有機ハロゲン化合物) などです。最近ではこれらの物質が複合的に影響しあう「複合汚染」も懸念されつつあります。

生活水への影響
実は私たち人間の皮膚は皮膚呼吸や、温度調整のため水分の出し入れをしています。そのためお風呂やシャワーでも皮膚から水分を吸収しています。水道水内の遊離残留塩素は、髪や肌のタンパク質を壊し細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因とも言われています。
またシャワートイレは温水の水道水で粘膜を洗浄しています。粘膜は普通の皮膚以上に塩素を吸収しやすいし、冷水よりも温水の方が吸収しやすいので、シャワートイレでは塩素が非常に吸収されやすいと言われています。

浄水器の役目
浄水器とは、活性炭や様々なろ材を組み合わせたフィルターに水を通過させることによって、水に含まれる残留塩素やカルキ臭、カビ臭、体に悪い影響を与える危険物質やサビなどを取り除く装置です。
水道管から家庭に水道水を引き込む給水管(個人管理)が鉛製の場合、水道水中に鉛が溶出する恐れがあります。鉛は貧血、消化管の障害、神経系の障害、肝臓障害などへの影響が言われています。 また、マンションなどの貯水槽の管理が不十分な場合、ニゴリや鉄サビなどの汚れが混入する可能性もあります。こうした水道水中の物質を除去するのが浄水器です。つまり浄水器を通過した水は「おいしくて安全な水」になります
セントラル浄水器ビューターの仕組み

水を美味しく
より健康に

詳しくはこちらへ
安全な水とは

詳しくはこちらへ
赤ちゃんの健康を
考えるなら

詳しくはこちらへ
家庭に安全な水を

詳しくはこちらへ
家中まるごと浄水

詳しくはこちらへ
レンタルウォーター
サーバーとの比較

詳しくはこちらへ
お客様の声
~ビューター~

詳しくはこちらへ
Q&A~ビューター~

詳しくはこちらへ
セントラル浄水器
ビューターシリーズ

詳しくはこちらへ
逆浸透膜V1シリーズ

詳しくはこちらへ
井戸水用浄水器

詳しくはこちらへ
逆浸透膜サーバー
ピュアウォーター

詳しくはこちらへ